漢字能力検定と歴史能力検定

こんにちわ、初めましてですね、社会不適応者のタクヤです。タクヤと言っても、キムタクとは違いますよ(笑)ボクはいわゆるニートなんですが、普段はネットサーフィンをしたり、ゲームをしたりして過ごしています。遊んでばかりいてはいけないと思い、最近はモチベーションアップのために、勉学にも励んでいます。

今年の目標として、趣味として資格取得にチャレンジしようと思います。しかし、新年でもないのに、今年の目標ってのもオカシイですかね(笑) 資格取得といっても、仕事に使う資格というわけではありません。なんといっても、ボクはニートですから。

ですので、いま興味ある資格は、漢字能力検定と歴史能力検定です。やはり、1級を目指したいですね。漢字能力検定と歴史能力検定は、あくまでも知識を図るための検定です。とはいえ、1級ともなると、合格は難しいのです。漢字検定1級の合格率は、10パーセントほどです。歴史検定1級の合格率は、世界史と日本史がありますが、20パーセント前後です。ただし、歴史検定の合格率は年度によって、ずいぶん差があります。問題が簡単な年もあるのでしょうね。

まだ、漢検と歴検は受験したことないので、勝手が分かりません。ネットで情報収集をしているのですが、明日にでも過去問を買ってこようかと思います。勉強するのはそれからですね。試験まで時間があるので、三日坊主にならないようにしないといけません。ボクは物事が続かないのですよ。漢検と歴検の詳細については、また次回に書くことにします。