記憶力にはDHAが効果的?

歴史能力検定の勉強は順調に進んでいるのですが、ボクは記憶力はないほうだと自覚していますので、いろいろな工夫をしています。最近は、DHAなどのサプリメントを飲んでみたりしています。

DHAとはドコサヘキサエン酸のことで、魚に多く含まれている成分です。不飽和脂肪酸という言い方もします。DHAは脳や神経の働きをよくしたり、血液をサラサラしたりする効果があると、インターネットの記事で読みました。ただ、実際にどれくらいの効果があるのかは不明です。まあ、DHAを飲んだだけで、頭がよくなるだとか、記憶力がよくなるということはないように思えます。

あと、頭脳パンなんてものもありますね。ボクは食べたことないですけど、頭脳パンなら普通に朝食やオヤツとしてありだと思います。まあ、あまりサプリメントに頼っていても仕方がないので、きちんと暗記できるよう、机に向かって勉強しています。

いまは、歴史事項や年号を何度も書いて覚えようとしていますが、効率的に暗記できる方法はないかと調べています。もちろん、書くだけではなく、暗唱しています。暗記することはできるのですが、1日経つと忘れてしまうのです。なので、学習効率が悪いのです。

暗記の方法には、イメージ記憶術という方法もあります。とりあえず、記憶術に関する本を1冊購入して読んでみようかと考えています。記憶術のセミナーや教材って高額なんですよね。いきなり、そんなお金は出せないので、本を読んでみようと思っています。

歴史能力検定の過去問

こんばんは、社会不適応者のタクヤです。前回、漢字能力検定と歴史能力検定を受験するという話をしましたが、2つ同時に学習すると、時間がなくなってしまうので、1つの検定に集中することにしました。まずは、歴史能力検定1級合格を目指します。漢字能力検定はその後ですね。2つの検定試験を同時にこなせるほどのキャパはないのです。

しかし、日本史と世界史お勉強は同時進行です。まずは、過去問題集を繰り返し解くことから始めています。暗記は繰り返すのがコツですよね。ボクは記憶力がいいほうではないので、すぐに忘れてしまいます。山川出版社から歴史能力検定の過去問が出ているのです。監修は歴史能力検定協会なんですね。歴検の受験を予定している人は必須の問題集といえるでしょう。価格も800円と安いほうではないでしょうか。価格1000円超える問題集もありますからね。歴検は良心的だと思われます。

ところで、勉強って深夜のほうが集中できますよね。ボクが言っている深夜というのは、だいたい0時過ぎのことです。1時とか、2時くらいです。暗いというのもあるでしょうし、昼間と違って、静かですからね。特に歴史の勉強のように暗記がメインだと、深夜のほうが勉強が捗ります。ボクと一緒で、そういう人が多いのではないでしょうか。

社会不適応者の特徴かもしれませんね。脳に記憶を定着させるには、朝方のほうがいいのでしょうが、なかなか夜型はやめられません。何かいい方法はないかと探っています。

漢字能力検定と歴史能力検定

こんにちわ、初めましてですね、社会不適応者のタクヤです。タクヤと言っても、キムタクとは違いますよ(笑)ボクはいわゆるニートなんですが、普段はネットサーフィンをしたり、ゲームをしたりして過ごしています。遊んでばかりいてはいけないと思い、最近はモチベーションアップのために、勉学にも励んでいます。

今年の目標として、趣味として資格取得にチャレンジしようと思います。しかし、新年でもないのに、今年の目標ってのもオカシイですかね(笑) 資格取得といっても、仕事に使う資格というわけではありません。なんといっても、ボクはニートですから。

ですので、いま興味ある資格は、漢字能力検定と歴史能力検定です。やはり、1級を目指したいですね。漢字能力検定と歴史能力検定は、あくまでも知識を図るための検定です。とはいえ、1級ともなると、合格は難しいのです。漢字検定1級の合格率は、10パーセントほどです。歴史検定1級の合格率は、世界史と日本史がありますが、20パーセント前後です。ただし、歴史検定の合格率は年度によって、ずいぶん差があります。問題が簡単な年もあるのでしょうね。

まだ、漢検と歴検は受験したことないので、勝手が分かりません。ネットで情報収集をしているのですが、明日にでも過去問を買ってこようかと思います。勉強するのはそれからですね。試験まで時間があるので、三日坊主にならないようにしないといけません。ボクは物事が続かないのですよ。漢検と歴検の詳細については、また次回に書くことにします。